EDにならないための体

EDになる原因と体質

EDになる原因は一つではなく、心的な要因を含めればいくつもの理由が存在します。
最もEDになる原因として考えられているのが肉体的な衰えです。
人間の身体は老化を始めるので老化が進んでいくと身体機能が徐々に低下していき、性欲も激減してしまいます。
性欲が落ちてくると陰茎海綿体に対する血液の流れも老化してくるので年齢を重ねるごとに自然と勃起をする事が不可能になってくるわけです。
また、もう一つの要因として心的な外傷が考えられます。
日常生活を送っていく上では他の人や環境から多大なストレスをかけられてしまうこともあります。
実は、このストレスは人間の身体にあまり良くない影響を及ぼすので過度に影響を受けてしまうと日常生活の疲れとあいまって勃起障害になってしまいます。
ストレスを過剰に浴びると身体のホルモンバランスも変化することがわかっているので、このような状況になってしまったときにはすぐに対処しなくてはいけません。
基本的に、心的な外傷がない限りはEDになる原因はその人の体質に依存します。
老化によって勃起しなくなってしまうのも体質の一種であると言えますし、若い内に運動不足になったり代謝機能が低下すると勃起障害になりやすくなるのも広義で言えばその人の体質の問題です。
日常生活の中でこうした体質改善を行えば、身体的な老化が進んでもEDの役に立てることが出来るようになるので、改善を早い段階で進めていくことは悪いことではありません。
運動をすると言っても激しい運動は必要ないですし、若い体を作るためには有酸素運動で十分です。
それに加えて病院から処方してもらえる専門の薬を使えば無事にEDを治すこともできるようになるのです。

EDにならないための体作り

EDにならないようにするためには、きちんとした体作りをすることが大切です。
基本的に、EDになってしまう原因は身体的な状況を考慮すると二つのケースに分けることが出来ます。
一つは、生まれたときから既にEDを発症させていた場合です。
それほど例があるわけではありませんが、先天性の勃起障害と言うのは確かに存在します。
もちろん、身体的な要因によって下半身が動かなかったりすることも原因として挙げられますが、そうではなく何らかの身体的な、または精神的な疾患によって勃起をする事ができなくなってしまっていることです。
この場合には、専門的な治療を受けて勃起障害を治していかなくてはいけません。
もう一つのケースは、後天的な日常生活を過ごしていく中で自然と勃起障害になってしまうケースです。
人間の身体は老化をしますので、老化が始まると身体機能が低下します。
勃起のメカニズムは、陰茎海綿体に勃起に必要な血液が集まることによって成り立っていますので老化が進んで代謝能力が低下してしまうと自然と勃起ができなくなってしまいます。
高齢になればなるほど勃起障害になってしまうのはこれが理由なので、高齢によってEDにならないようにするためにはそのために体作りをしっかりと行わなくてはいけません。
一番効率的なのは、やはり代謝能力を向上させて陰茎海綿体の血液の流れを良くすることです。
陰茎海綿体に動きさえ活発化すればどんなになって勃起をするための下地は整っていることになるので、後は性的刺激を受けることで無事に勃起できます。
有酸素運動などを日々取り入れて定期的に代謝機能を改善すれば、高齢になっても満足のいく勃起力を維持することができます。

EDになったら薬で改善

EDとは勃起不全症のことで特に中年以降の男性がよく悩まされる症状です。
ED発症には様々な原因が考えられます。
まず生活習慣病が原因として考えられます。
生活習慣病によって動脈硬化が進行すると陰茎部の血管が拡張しなくなります。
勃起は陰茎海綿体への血流量増加によって起こるため動脈硬化が起こると勃起も起こりにくくなるのです。
さらに心理的要因もED発症に関与します。
心理的な緊張状態が起こると交感神経が優位となり、血管が収縮してしまいます。
これによって勃起が起こりにくくなります。
また神経障害が原因となって起こることもあります。
脳神経の疾患によっても起こりますし、前立腺などの手術による影響もあります。
これらの原因によって引き起こされたEDに対しては主に薬物療法が行われます。
日本で最初にED治療薬として発売されたのはバイアグラ(クエン酸シルデナフィル)です。
それに続いて、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)が発売されました。
これらはいずれも同じ作用機序を有していて、具体的にはホスホジエステラーゼVを阻害することによって血管を拡張させ、勃起を引き起こします。
ただ陰茎部以外の血管も拡張してしまうために、頭痛、顔面紅潮などの副作用を引き起こしてしまいます。
また血管を拡張すると血圧が下がるため、心疾患の治療や高血圧の治療を受けている方には、その治療効果に影響を与えてしまう可能性もあります。
よってリスクも踏まえた上で適正に使用する必要があります。
バイアグラ、レビトラ、シアリスにはそれぞれ特徴があります。
例えばバイアグラ、レビトラは効果発現までの時間が短く、シアリスは効果持続時間が長いです。
またシアリスは他剤との併用の問題が他のものより少ないです。
これらの特徴も踏まえ自分に合ったED治療薬を選択しましょう。

●安価なED治療薬情報→シアリスを通販で格安に購入